国産のドッグフードでは最高品質といわれ、健康志向の飼い主さんに人気が高い「ナチュロル

リピート率も96.9%ととても高く、安心して長く与えられるドッグフードです。

そんなナチュロルですが、悪評口コミが見つかりました。

どんなドッグフードでも悪い口コミというのはつきものですが、愛犬の健康を考えるとなるとその内容や原因は気になってしまいますよね?

我が家もずっとナチュロルを与えていますので、この口コミを見つけたときはとても焦りました(汗)

この記事では、

  • ナチュロルの悪い口コミ
  • 悪い口コミの原因
  • 対処法

などについてまとめていきたいと思います。

ナチュロルを検討中の方はぜひご覧ください。

ナチュロルの悪評


【3歳・チワワ・メス】

獣医師に「アレルギーが起こりにくい無添加ドッグフードがオススメですよ」と言われたので、評価が良かったこちらを購入。

与えてみましたが、「くんくんくん・・・ぽいっ!」とそっぽを向かれ、食べませんでした。

せっかく高いドッグフードを飼ってあげたのにほんとにショックです。

また市販のドッグフードを上げるべきなのでしょうか・・・


【4歳・トイプードル・オス】

体調を崩しやすいうちの子に元気になってもらおうと、買ってみました。

効果の程はまだよく分かりませんが、食いつきは良いようで、パクパク食べてくれます。

しかし、決められている給餌量?が少ないのか、食べ終わっても餌を探す仕草を見せます。

おやつをおねだりしてきたりして、どうやら足りていないようです。

もう少し与えるべきか悩んでいます。


【5歳・ゴールデンレトリバー・メス】

子犬から高齢犬になるまで与えられるということで、長い目を見て元気でいてもらいたいのでこちらを購入。

与えてみると、食いつきがよくがっついて食べてくれました。

しかし、冷静に考えてみるとナチュロルは市販のドッグフードの4倍~5倍の価格で、更にウチは大型犬なのでかなりの出費になることが後から分かりました。

今までが安かっただけに結構きつくて、このまま続けられるかちょっと不安です。


他にもいくつか悪い口コミがありましたが、多かった内容はこれらのようなものです。

まとめてみると

  • 食いつきが悪い・食べない
  • 規定の給餌量が少ない
  • 価格が高い

という内容です。

やはりナチュロルも全員が満足するドッグフードではないようですね。

では、これらの原因についてそれぞれ解説していきたいと思います。

1食いつきが悪い・食べない

この口コミは結構他のドッグフードでもありがちなのですが、ナチュロルのも一定数見られました。

基本的にはナチュロルは、新鮮な牛生肉、鶏生肉、馬生肉、魚生肉などを55%を占める割合で配合しているので、穀類などを主とした原材料で作られている市販のドッグフードよりは嗜好性は高いと考えられています。

それでも、食いつきが悪いという場合には以下の原因が考えられます。

ドッグフードの切り替え

食べなかったという口コミの方、ドッグフードをいきなり切り替えていませんか?

基本的にドッグフードは、最初は現在食べているドッグフードに少し混ぜて、そして割合を増やしていき、徐々に切り替えていくのが一般的です

いきなりドッグフードを丸々替えられても、ワンちゃん側としては「なにこれ?」といった感じで戸惑ってしまんですね。

人間でも同じじゃないですか?毎日お米を食べていたのに、今日からいきなり主食はパンですと言って出されても戸惑ってしまいますよね?

人間は話せるので言えますが、犬は話せないので「食べない」という行動で示したりするんですね。

最初はおやつ程度からでも与えて、「次のドッグフードはこれだよー」と理解させて上げる必要があるんですね。

具体的には次のように与えてみてください。

初日:おやつとして手から与える
2日目:以前食べていたドッグフード8割:ナチュロル2割
3日目:以前食べていたドッグフード6割:ナチュロル4割
4日目:以前食べていたドッグフード4割:ナチュロル6割
5日目:以前食べていたドッグフード2割:ナチュロル8割
6日目:切り替え終了

大体1週間ほどかけて切り替えられればOKです♪

こうやって少しずつ切り替えてあげれば、最初は疑っていたワンちゃんも慣れてきて、食べてくれます。

ワンちゃんも人間と考えていることは同じですから、しっかりと気持ちを組んであげましょう。

無添加ドッグフードへの切り替え

今まで市販の1kg1000円以下のドッグフードを与えていたワンちゃんだとナチュロル場合、食いつきが悪くなる場合があります。

ナチュロルは無添加素材で、化学調味料など余分な成分が含まれずに作られています。

しかし、市販の低価格のドッグフードは原材料が穀類などワンちゃんが好まないものだったり、低品質なものを使っているため、それを補おうと香料・着色料、甘味料など大量に使われていたりします。

また、大量生産しても保管できるように無理やり賞味期限を延ばす防腐剤も多く使われている場合があります。

これらはもちろん消化の悪さ、アレルギーの原因、健康への悪影響に繋がり、安心して与えられるドッグフードとは言えません。

しかし、販売者側もコストを大幅に下げることができ、利益率が上がるため、このようなドッグフードが出回っているのが今のドッグフード業界の現状です。

もし、これらのドッグフードにワンちゃんが舌が慣れていた場合は、逆に無添加で作られているナチュロルは食いつきが悪かったりします。

例えるなら、味の濃いカップラーメンばかりを食べていた人にいきなり「素材の味を活かした新鮮なお米だ、お肉だ」といっても、味が物足りなかったり美味しくないと思ったりするでしょう。

しかし、本来食べていたのはお米や肉ですし、健康の面で見ても添加物の入っていない自然食品のほうが身体にいいに決まっています。

ナチュロルはそういった面でも考えて作られており、「ただ食べなかった」と言う理由だけでやめるのはもったいないです。

もし、食いつきが悪かったとしても切り替え方に気を使ってみたりなど、工夫して与えてあげてほしいです。

どうしても食べない場合

ただ、ワンちゃんにも好き嫌いがあったりして食べてくれないときは食べてくれなかったりします。

これも人間と同じですよね?

その時は次のことを試してみてください。


電子レンジで温める

電子レンジで人肌くらいに温めて与えてみてください。

香りがアップして、嗜好性が上がる場合があります。

600Wで30秒ほどが目安です。


ぬるま湯でふやかす

子犬にも与える方法ですが、ぬるま湯でふやかすと食べやすくなるので、消化が良くなり食べてくれる場合があります。

高齢犬にもオススメです。

また、水分補給も同時にできるので水をあまり飲まないワンちゃんにも有効です。


などといった方法です。

これもワンちゃんによって好みが分かれ、「ウチのワンちゃんはふやかさないと食べない」というところもあるようなので、色々試してみるのをおすすめします。

もし、これらの方法を試しても食べてくれない場合はフードが合わないと考えられるので、素直に他のドッグフードに切り替えてあげましょう。

長く与えていくドッグフードですので、そんなに好きじゃないドッグフード与えてもかわいそうだったりもしますしね。

2、規定の給餌量が少ない

ナチュロルは高タンパク・高栄養で、安い原材料(小麦、トウモロコシ、大豆など)によるかさ増しは一切行っていないため、基本的に量が少なくても、栄養面では問題ありません

むしろ、今までどおりにドッグフードを与えてしまうとカロリーオーバーになってしまったりして、下痢・嘔吐につながったりしてしまいます。

しかし、給餌量が少なめに設定されているせいか、物足りないというワンちゃんもいたりしますね。(ウチのミニチュアダックスフンドは全然問題ありませんでしたが・・・)

この場合は、ドッグフード+トッピングなどをして量を増やしましょう。

ただ、このトッピングもおやつやドッグフードではカロリーオーバーになってしまいますので、ダイエット中のワンちゃんにも使われる、茹で野菜がオススメです。

ゆで野菜:キャベツ・もやし・きのこ・ブロッコリー・豆腐など

また、肉でもカロリーが少ないササミはOKです。

これらの中から、ワンちゃんが好みそうな食材を混ぜて、反応を見ながら与えてあげてください。

ただ、本来は給餌量のみ与えるのが理想ですので、最初は良いかもしれませんが徐々にトッピングの量も減らし、ナチュロルのみでも満足できるように調整してあげましょう。

価格が高い

ナチュロルは市販のドッグフードに比べると3倍~4倍の価格差があり、正直高いです

今まで1kg1000円以下で与えていた人からしたら、まさに破格の値段と言えます。

しかし、そんな中でもナチュロルは高い人気を誇っています。

一体どんな理由があるのか気になるとともいますが、それは単純に品質の良さです。

高品質な主原料

ナチュロルの主原料が新鮮な肉類・魚類なのに対し、市販の安いドッグフードの多くは穀類が主原料になります。

犬は本来肉食で、穀類が食べれないわけでは無いのですが、それに合った消化器官を持っているわけではないので、消化不良を起こしやすいワンちゃんが多いです。

※消化不良を起こすと、便がゆるくなったり、吐いたりしてしまいます。

また、穀類は消化不良だけでなくアレルギーの原因にもなったりして、

  • 目のかゆみ
  • じんましん
  • 咳・鼻水・喘息

また、酷くなると

  • 下痢
  • 呼吸困難
  • 動悸(どうき)
  • めまい

などといった危険な症状につながる場合もあります。

穀類のメリットは原材料が安いということぐらいなので、喜ぶのは製造・販売側のみです。

また、更にかさ増し剤として人間が食べる食品では使われない副産物・4Dミールといった原材料が使われたりもします。

※4Dミールとは

  • dead(死亡している)
  • dying(死にかけている)
  • disabled(障害のある)
  • diseased (病気のある)

の略で、質の悪い肉のことです。

現代のペットフードに関する規制はまだあまい部分が多く、これらの食材が当たり前に入っているのが現実です。

ワンちゃんはドッグフードを選ぶことができないので、飼い主さんがしっかりと知識をつけて、良いものを選ぶのが大事になってきます。

健康を考えるのであれば、肉・魚を主原料としたドッグフードを選ぶ必要があります。

ナチュロルは牛・鶏・馬・魚など国産の新鮮な食材を主原料とし、アレルギーの原因となる穀類が一切使われていないグレインフリーで作られ、且つ、人間でも耐えられる品質のヒューマングレードでもあるので、安心して与えられるドッグフードといえます。

完全無添加

そして先程もお話しましたが、ナチュロルは着色料・香料・合成防腐剤といった化学成分が含まれていない無添加でできています。

添加物の入ったドッグフードは、アレルギーの原因になったり、皮膚炎・内蔵疾患・ガンなどといった病気の引き金になったりします。

ドッグフード一つで、自分がワンちゃんの命を左右させていると言っても過言ではないのです

少しでも長生きしてもらいたいのであれば、なるべく無添加のものを選んであげましょう。

これらの理由によりナチュロルの価格は高いのですが、詳しく見てみると「品質=価格」ということがよく分かります。

安くてお得なドッグフードにはそれなりの理由があるのです。

健康志向なの強い飼い主さんや愛犬をずっと可愛がりたい飼い主さんにはそんな訳でナチュロルは選ばれています。

ナチュロルには確かに悪い口コミは確認できましたが、詳しく見てみるとちょっとした工夫で解決できることや、ちゃんとした理由があることが分かりました。

ただ単に好き嫌いで食べないのであればどうしようもありませんが、飼い主さんの与え方でワンちゃんが食べないのであればぜひ、改善して与えてあげてほしいです。

ウチのワンちゃんも高齢犬に入りましたが、昔と変わらず走り回ることができています

ナチュロルのおかげと断定することはできませんが、健康で過ごせているなという安心感があり、ワンちゃんの健康で悩むことは減りました。

このサイトをご覧になっている人は愛犬の健康に気を使った健康志向な飼い主さんが多いと思うので、ナチュロルはぜひ試してもらいたいですね。

そして、ナチュロルには良い口コミも沢山見受けられます。むしろ、8割が良い口コミ、2割が悪い口コミという感じです。

こちらのサイトではナチュロルの様々な口コミから成分解析からわかる魅力などを詳しく説明しています。

ぜひ、参考にしてみてください↓

ナチュロルの口コミについて詳しいサイト